読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がん 鍼治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のがん治療についてお話いたします。

ディメンション治療 お二人目

 家族の方の勧めで治療を始めた方です。

大腸がんが転移し末期と言う状態です。

大腸がんが血液の流れに沿って、肝臓に転移し肺にまで達したところです。

ニードルキーパーを使うのはもとより、ディメンションⅢまでの免疫調整になります。

なお肺の転移部分は小さいものですが、肝臓は抗がん剤により相当腫れています。

治療効果は大腸がんのプレパラート2枚ありますので、これを使ってオーリングテストで測定します。

また心臓疾患の動画でも紹介しておりますが、心臓の調整もおこないます。

以上の治療を行った結果、2回目に肺の反応が無くなりました。

病巣は小さいと聞いていましたので、一応納得する治り方ですが早いです。

10年以上前から肺がんについてはかかわっていますが、私の行う高麗手指鍼では肺がんは比較的早く効果が出ていました。

また師金成万もテレビで取り上げられたのは、末期の肺がん患者でしたので、このがんについては効果と結果は早いのかもしれません。

6回目に大腸部分の反応がきえました。

「あれ?」と言う感じで患者さんも私も思いましたが、次の回もおなじでしたので結果は正しいとしました。

また肝臓の部分は、5回目には縦80ミリ横100ミリの幅であった反応が、7回目には縦15ミリ横60ミリ幅になりました。

まだMRI検査で確認して無いので、その結果を見て初めてその効果を確信することになります。

しかし今までの経験からも反応が消える速度が速いので、半信半疑なのでその結果を待ちたいと思います。

前回の患者さんのその後は治療に来られてないし連絡もないので、果たしてどの程度の効果があったのか分かりません。

最も陽子線治療とか言う最先端を謳う放射線治療を、30回ほど行うと聞いたのでそれでがんは消えたかもしれません。

その途中での変化と今回の反応の速さを比べると、MRIや血液検査の結果には少しは希望を持って良いかもしれません。

以前はニードルキーパーでディメンションはⅠまでの治療法だったので、それよりもより進化に沿った方法と考えれば、この過程もうなずけるかもしれません。

まずは明日の結果待ちになります。

癌治療の進化

 鍼でがんが治したと言っても、最終的に確認するのは病院の検査機器です。

癌でも進行する癌については、我が金成万師も毎日の治療を行っても、とても難しかったようです。

先生の治療は気功がベースになっているので、それも限界があったからなのでしょう。

私は気功も行い直伝霊気やレイキも行っていますが、それだけにがん治療は頼れないので、独自に免疫を高めるシステムとしての治療を行っています。

最近はディメンション治療と言う考え方を、耳鍼のノジェ博士に刺激を受け、手指鍼の中で行うことをしています。

ただ通常の治療法ではそこまでの高度な治療法を行う必要もなく、癌などの重篤な疾患のみに使用しています。

最近胃癌摘出手術を行ったが、取りきれず2か所転移している患者さんが見えました。

激しい痛みがあったので癒着ではないかと、当院に来られました。

癒着も激しい痛みが起こることがありますが、あまりにも激痛のようなので「医師はこの痛みは何と判断しています?」と聞くと、癌の痛みだと判断しているとのことです。

それならモルヒネなど今は良い鎮痛剤があるので、それを処方してもらった方が良いのではと勧めました。

5回治療までは激しい痛みがあったので、これはどうかなと思っていました。

すると6回目に様変わりで現にな姿で来られました。

御本人も「抗がん剤と免疫療法と、この鍼のどれが効いているのか分からないが、随分とよくなった~」と言っていました。

私としては鍼が効いているのかな?と思いたいところです。

それは分かりません。

しかしディメンション1,2,3と、免疫調整を行ったことが、いままでにない効果が出ているのかなと思いたい。

オーリングテスト試料を使っても反応が消え、免疫度もほぼ正常になっているので、期待としては沿う考えてもいいのかなと思います。

陽子線治療を行うようなので、その前にいま一度MRI検査をするよう勧めています。

放射線治療は免疫をゼロにしてしまうので、今まで受けたこの治療法が無駄になってしまうからです。

恩師の威光

 先日末期肺がんと診断された患者さんが見えました。

過去に肺がんを併発した方が最終的には亡くなられたのですが、肺がんはすでに治っていたとの報告はいくつも聞いたことがあり、私の高麗手指鍼癌治療はこの病気には、かなり効果がるのだと思っていました。

なぜ来院したのかというと、知り合いから「韓国に癌を治せるすごい鍼灸師がいる」と聞き、ネットで探していて当院にたどり着いたというわけです。

16,7年前は我が金成万師も存命で、テレビのがん特集に出られて日本国中で知られた存在でした。

そのことを覚えていた方が教えてくれてたのだと思います。

先生と私は高麗手指鍼の鍼を使うことは同じですが、がんへのアプローチは全く異なります。

畢竟、両者とも気の調整でがん治療をするということになりますが、その前の手順や考え方が全く異なるというわけです。

先生の場合は「一本一本刺す鍼に気を込めて打つ」ことで治すのですが、私は独自の理論を立てツボの選定をし、そこからおおくは意識してはいませんが気を入れ治してているのでしょう。

これが鍼灸師の本来の治療だからです。

さらにニードルキーパーと言う発明器具を使い、必要な気の力を増幅することも行っています。

これがメインの一つの治療法になっています。

ツボの選定が独自になっています。

ディメンション治療法と呼んでいる独自の方法です。

治療後は免疫が上がったことを確認できました。

回数にもよりますが何回か行っていくうちに、先が見えてくると思われます。

いまは先生はおそらく交通事故の後遺症で亡くなられていると思いますが、今回思わないところから恩恵を受けることになりました。

感謝です。

事故などに遭わなければ、このことに関しもっと師と密接に議論しこの鍼の発展をさせることが出来たかもしれません。

もしもは無いことなので、自分独自の治療法で行わなければなりません。

後世に伝えて行くためにも今回は以前より、さらに改良発展させている独自の治療法の成果を上げたいものです。

韓国でもこの鍼でがん治療は成されていないので、改めて金先生の偉大さは光っていたのを改めて感じます。

合掌。

前立腺がん卵巣がん悪性メラノーマ

がんの鍼治療

 ここ数週間でがんの患者さんが増えました。

前立腺がん 卵巣がんが転移した そして悪性のメラノーマです。

なんでわがホームページを探し当ててこられたのか、本当に不思議でした。

逆席混交のサイトだらけのホームページで、なおかつ鍼でのがん治療を探し当て、そのうえ治療を受けようと思うのは、勇気と判断力と既成概念を吹き飛ばすだけの見識がないと、当院には来られません。

前立腺がんの患者さんは、放射線治療をこれから受ける前でした。

奥さんが腰痛で治療院を探している中で、放射線の害を少しでも軽減出来たらと思ったそうです。

しかし放射線の副作用は相当きつく、がんそのものは縮小していて、あと14,5回で消滅しそうですが、免疫は来られるたびにゼロになっています。

卵巣がんの転移で3年ほど苦しまれている方は、どのように探してこられたか聞き漏らしました。

抗がん剤治療でそれなりの効果が出ています。

治療直後は免疫力も上がってきて、ほぼ正常に近くなるので、これを続けていけば再発はもう起こさないでしょう。

今回新しく来られた患者さんは、悪性のメラノーマいわゆるほくろががん化したものです。

7年間の闘病で切除を繰り返してきたのですが、とうとう肺の近くに転移しました。

さすがにこれ以上の手術はできない、あとは抗がん剤などを使うという選択を迫られたので、ほの方法をと必死になってネット検索をしたそうです。

半信半疑ながら幸運にも見つけたというお話をされています。

ネットは治せないのに多くのサイトがありますし、当院のページだって同じように見られているでしょう。

癒着の患者さんが多いのですが、ほとんどの方が半信半疑本当にこの痛みが治るのかと、疑りながら来ていましたとお話しされます。

あまりに早く治るので怒りがこみ上げた患者さんもいます。

今まで苦しんできたおれの時間は何だったんだと思った途端、やり場のない怒りが湧いてくるという次第です。

なにはともあれ今の患者さんは、末期と言われていないだけ免疫力があります。

願わくば放射線照射内に他の疾患が出ない、または他の臓器を傷めないことを願うだけです。

悪性メラノーマは本日2回目の治療でした。

昨日より免疫度は改善していました。

またオーリングテスト試料として、悪性メラノーマのプレパラートを使ってがんの確認をしました。

昨日の影響範囲よりさらに今日は限定されてきました。

週2回の治療でアガリクスの併用もお願いしています。

肺の傍の転移を疑られている部分の反応は低くく、さらに本日はさらに下がっているのでこちらの心配はないでしょう。

これらの治療には私の特許製品、ニードルキーパーを使って行います。

衰え切ってしまった気のパワーを、がんと戦えるまでに回復させるのは、気を補ってやらねばならないからです。

そのために必要と考えたものです。

過去には前立腺の末期、骨転移とリンパ転移も完治し、悪性胃癌の再発もなくさせたのは、この器具を使っての高麗手指鍼治療だったからです。

不謹慎ですが!悪性胃がん一丁上がり!

 不謹慎と思われるでしょうが、悪性がん患者が完治しました。

と言っても実はそれを西洋医学的に確認することはできないのです。

西洋医学では内視鏡で切除し、半年後に再検査ということになっていたのです。

なぜかと推測すれば、悪性がんと診断されているものなので、回復手術は過度の負担になると、内視鏡の切除に切り替わったようなのです。

悪性なら転移は必死であり、今の風潮として過度な手術はしないということです。

でも考えればその病院は良い病院ではないでしょうか。

無駄とわかっていても患者の負担も顧みず、手術を行うことが多いのを見ても、それは適切な判断をする良い病院です。

誰でも知っている有名病院です。

さてなぜ当院にそのような患者さんが来られ、そして完治と判断できるまで通われたかということをお話いたしましょう。

彼は元の職場の同僚で先輩でした。

奥さんは私の妹の小学校以来の同級生で、今も交流が有ります。

彼女の兄さんはわたくしとも、中学まで同級生という間柄です。

ある日彼女から電話がかかってきて、主人がこういう状況なのでどのように判断したらよいかという相談になりました。

手術は内視鏡なので既に終了していました。

しかし医師は一通り見えるガンは切除したが、取りきれなかったかもしれないと言っていたそうです。

このような情報から、現在私が知りうる限りのがん情報を話しました。

今のがん治療ではなるべく切除までで、あとは抗がん剤などは極力使用しないようになっている。

確かにその病院でも抗がん剤の処方はなかったそうです。

後悔しないためにも様々な観点から検討したほうが良い、参考に近藤誠氏の書籍をすすめました。

このあとご主人からすぐ電話が有り、治療に入ったというわけです。

オーリングテストの手法を使い、悪性がん細胞プレパラートを使うと、確かにまだ残っているのが分かりました。

治療はこのような状況なので、ニードルキーパーを使用し週に3回治療することをすすめました。

この診断方法と治療はおよそ3ヶ月続きました。

4ヶ月目に入るとプレパラートを使っても、どこにも反応がなくなりました。

一応ガンは消えたという判断です。

しかし再発の危険性はまだ残っていました。

免疫度を測るのですが、それが相当低下していること示していました。

これは急速に回復することはないので、今度は週2回の治療に変えて続けることにしました。

免疫は改善するのが遅く、遅々として進みませんでした。

普通の方ならもういいやとやめてしまうかもしれませんね。

MRIを使っても発見できるものでもなく、このような場合は患者さんに信頼してもらって、治療継続をしてもらうしかありません。

頑固な免疫も6ヶ月を過ぎてやっと普通の状態になりました。

そこで前回から3週間に1度の治療になりました。

その前2ヶ月から二週に一度のペースになっていたのですが、いよいよこれで安心という程度になったのです。

来月は半年ぶりのMRI検査もあるので、そこでひと段落になるはずです。

顔色も格段になりもうツヤツヤしてますし、趣味も精を出して取り組まれています。

というわけで「悪性胃がん患者、一丁上がり!」と言うことになったわけです。

不謹慎ですか?

急速な進行性ガンでなかったのと、根気よく通われた賜物と思っているのです。

そういうのが私が行っている「手のひら先生の高麗手指鍼」治療なのです。

惜しむらくは西洋医学的な検証が不可能というだけですが。

胃がん治療と免疫調整法

 悪性胃がんと診断され内視鏡で切除手術をしたが、取残しがあったかもしれないと医師に言われている方を、もう1年弱診ています。

最初は悪性胃がん診断用オーリングテスト試料を使って経過を見ていました。

確か三ヶ月ほどで反応がなくなり、免疫度検査に変更しました。

胸腺由来T細胞免疫の検査を行うわけです。

半年以上これがなかなか変わらず、週2回の治療を重ねました。

オーリングテストで指がオーブンになり始めてから、顔の色艶もよくなりはっきり回復してきたと実感できるようになりました。

現在は二週に一度の治療になっていました。

他のブログでも書きましたが、私の行っている治療法では免疫に関する処方は、三つあると考えています。

一つ目は気の調整です。本治法と言われているものです。

高麗手指鍼は治療効果が他の方法より高いので、これだけでも有効です。

しかしがんの治療には胸腺由来のT細胞免疫を高めなければなりません。

この方法をISSー1と名づけもう10年近く処方し効果を上げています。

ここのところで免疫には胸腺外T細胞もあるということを知りました。

世界では初めて新潟大学安保徹教授によって発見されたものです。

私はこの理論を鍼治療に活かそうと考え、その処方を見つけ出しました。

既にパーキンソン病や、手術後の癒着に使い目覚しい効果を引き出しています。

この処方をISSー2といたしました。

本日患者さんに処方して見ました。

すると術後にこうおっしゃいました。「なにか今までと違ってとても効いた感じがする。体がポカポカと温かくなった。」

全身の免疫が整うと、血行もスムーずになるため体が温かくなったと感じたのでしょう。

もしそうであればがんは体温上昇には弱いので、この感じ方はとても良い結果だと思います。

オーリングテストの結果もより簡単に指が開き、ほぼ完璧なオープンになりました。

次回の治療を3週間後にしました。

アンジェリーナ・ジョリーの乳房手術



 アンジェリーナ・ジョリーというアメリカの女優が、がん予防のためおっぱいを切り落とした事が大きな話題になっています。

女性のシンボルを切り落とすというのは、英断なはずで相当悩んだんでしょうね。

発症してもいないがんで手術をするというのも、母親が乳がんで死亡し彼女の遺伝子を見ると、発症率が87%と出たので切除したそうです。

慶応大学講師の近藤誠医師が日本で最初に始めた乳房温存療法は、それまで大胸筋まで切り取った乳がん手術で、多くの女性たちがその後立ち直れなくなったのを見て始めた手術ということでした。

乳がんの危険は去ったが大切な女性のシンボルを失って、自らの女性たる存在意義まで失いかけた患者が多かったそうです。

海外の例を見ればガンの切除は最小限にし、放射線を当てることで生存率は大規模切除術と同じだった。

乳房温存手術によって多くの女性が救われたそうなのです。

その後彼の著作からがん治療の実態が明らかになり、抗がん剤の効果に疑問がかけられ、がんとは何か我々自身が考えられるようになりました。

確率とか言ったって13%はならないという可能性もあるので、どちらを取るかはやはりお国柄なのでしょうか。

さて乳房を取ったら乳がんにならないのでしょうか?

大腸がんが肝臓に転移しても、どうやらそのがんは大腸がんと同じものだそうです。

肝臓がんがやがて肺に転移したとしても、大腸がんなのだろうか。

どうもそうらしいのです。

ない乳房からは乳がんはできなくても、ほかのガンの発症の危険性はあります。

さてほとんど知られていませんが人間の乳首を中心とするところには、胸腺由来のT細胞免疫ネットワークがあります。

この発見はオーリングテストの発明で有名な、大村恵昭博士が見つけ出したものです。

ガンに対抗する大事なリンパのネットワークです。

その最重要な密集地であり、そこを切り落とすことは今後によい影響はもたらさないはずです。

男性には必要がないと思われる乳首がなぜついているのか、未だにその謎は解決されていません。

私が解釈するのは、発生から進化すると中で獲得された胸腺由来の免疫、細胞免疫の基地が必要であったからと考えています。

さてアメリカ人は手術好きで抵抗感がなく、日本人は薬好きで大変な量を飲まされてきた。

こういう記事を読んだことがあります。

どのような手段を取るにしても、もう少し考えてギリギリまで熟慮した方が、より懸命だったのではないかと私はかんがえますが。

この際にもう一度近藤さんの「あなたの癌は、がんもどき」のご一読をお勧めいたします。

あなたの癌は、がんもどき

あなたの癌は、がんもどき