がん 鍼治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のがん治療についてお話いたします。

手のひら先生スタイル高麗手指鍼のがん治療について

手のひら先生スタイルというのは、私の独自研究から生まれた高麗手指鍼の進化した形と考えます。

したがって「手のひら先生」を商標登録いたしました。

ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」では様々な疾患の治療を紹介いたしております。

 

勿論病院とは異なり少数例ですが「がん治療」例も紹介しておりますので、ご覧ください。

気の達人以外でがん治療に成果を上げられている方は見受けられません。

私の師匠金成万師も、気で治していると言っていたはずで、理論を超えた治療だったと言えます。

下記のアドレスから、興味を持たれた方はご覧ください。

理論も技術もありますが、以前来られた方たちでは、最後の親孝行とかで来られていた方が多かった、思いがあります。

その中でも自分で納得して、末期と宣告されたかた、悪性の胃がんで恐らく再発するであろうと言うことで、手術は行われなかった患者さん、彼らは未だに元気で生活されています。

人間の持っている免疫システムを進化論から解明し、その能力を最大限引き出す技術、理論化し行うので再現性があるのです。

勿論気の修行はいたしました。

薬?「抗がん剤」は毎日服用するのに、がんの鍼治療は何で1週間に1回しか来ないの?

師匠の場合はテレビに出て紹介されたこともあり、「毎日来なければ治療はしない」ということで患者さんは通いました。

それで治療成績は出たのでしょう。

少なくとも最初の3ヶ月は、週3回以上治療しないと、進行性ガンの場合は効果がでないどころか、がんの力に治療効果は追いつきません。

鍼の治療効果は1回行うと、2日ほどで失われていくからです。

通常の腰痛肩こりなどの場合は、週1回でも毎週定期的に受ければ、徐々にその効果は伸びていきます。

しかし末期と宣告されたような場合は、その程度では効果がでない、進行してしまうので、全く治療費が無駄になると言えます。

ご興味が湧けばご覧ください。

tenohiras.com